« November 2005 | Main | January 2006 »

2005.12.25

お正月興行ご案内

横浜から自由な発想の発信の場として定期開催している「横浜自由映画劇場」
昨年来の横浜電影座に代わり新春にお正月興行を行います
「横浜映像天国2005」受賞作品で家宝をつくりだそうとする孫娘の奮闘記を描く「家宝のつくり方」
ドタバタ無言劇「モートラ物産音楽隊」他
新春を飾る女優さんたちの新春日本舞踊
東京両国の「お笑い演芸寄席」によるキワモノ演芸会など
映像劇、舞踊、演芸と多彩に御見せします
ぜひおいでください!

1月3日
午後2時開演
横浜にぎわい座シャーレ
入場料\600ー
2名様以上\500-

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/8453/

| | Comments (58) | TrackBack (0)

2005.12.24

CHIZURU公演

今春東京新宿にて路上パフォーマンスを実験披露したDANCER CHIZURUがクリスマス公演に出演する
これまで映画「よこはまんだん」(監督・斉藤俊之)に出演、今年の横浜自由映画劇場では幕間にパフォーマンス映像も流れ今後が期待されるパフォーマー今回は参加しているワークショップでの公演参加となる

12/24(土)、25(日) (土)17:00/20:00(日)13:30/17:00
神楽坂セッションハウス
tel:03-3266-0461/fax:03-3266-0772
〒162-0805 東京都新宿区矢来町158
Individual
芸術監督:能美健志 振付:軽部裕美 岡田桃園 坂田守 能美健志
出演:(「Dialog」) 岡田桃園 渡辺由美 藤原智美 森まどか 長濱加美 丸山暁子 西崎まり江 荷山亜美 田山友賀 佐藤幸枝 大野由貴 諸岡那奈 栗林綾 天方真帆 福田紗千 小幡あえ架 松隈朋美 志村真澄 森千鶴(CHIZURU) 坂田守 大谷祐司 矢野青剣
軽部裕美 能美健志(特別出演)
入場料:¥3000チケット取扱・お問合せ 03-6760-7009(ダンステアトロ21)

http://www.session-house.net/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.23

いか八朗が芸能生活のすべてを語る会

20051223101824
今年夏の大作映画「妖怪大戦争」(監督・三池崇史)はじめ「探偵 濱マイク」シリーズ(主演・永瀬正敏/監督林 海象)から「拝啓 天皇陛下様」(監督・野村芳太郎)「よこはまんだん/真夏の夜の夢」(監督・斉藤俊之)など多彩でエッジなキャリアな名バイプレイヤーいか八朗が芸能生活48周年を記念して単独トークライブをいきなり挙行する
題して「いか八朗が芸能生活のすべてを語る会(あと2年で50周年)おもしろ珍談・トークライブ」
芸能生活48周年、よくぞ生き延びた。極貧生活芸人!
あの世界のたけしさんから、お兄さんと呼ばれ「お兄さん最近、何してるんですか?」「ゴキブリ取るのと仕事さがしだ!」と軽いトークを交わす芸能界の三大奇人の一人!
映画監督・三池崇史さんもサインをもらうくらいのいか様の大ファン!
そんなかくれ過ぎの大スターが語るびっくり、ア然、おどろきのトークライブで素敵一色のクリスマスをぶっとばそう!

12月24日(土)11時開演
東京・お江戸両国亭
JR両国駅下車5分・本所警察署となり
入場料\1.000-

お笑い演芸寄席・人食企画
http://www.asahi-net.or.jp/~gd9j-tro/owarai.htm


「新春・横浜自由映画劇場」にも出演
2006年1月3日 14時開演
横浜にぎわい座シャーレ
入場料\600-

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/8453/

| | Comments (71) | TrackBack (0)

2005.12.22

<おくやみ>砂本 量さん逝く

「横浜映像天国1998」で上映されゲストトークも披露し長塚京三 松嶋菜々子主演の出世作映画「恋と花火と観覧車」など脚本家、映画監督として活躍された砂本量さん47歳が大たい骨悪性骨腫瘍のため死去。葬儀は24日午後0時半、横浜市金沢区釜利谷東2の13の12のセレモホール金沢文庫。自宅は非公表。喪主は妻朋子(ともこ)さん。テレビドラマ「相棒」近作では「四日間の奇蹟」の脚本などを手がけた。

横浜映像天国
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/8453/

| | Comments (70) | TrackBack (0)

2005.12.01

「横浜映像天国2006」上映作品募集締め切り迫る!

index_pic
1996年より横浜の市民映像祭として開催している「横浜映像天国2006」の上映作品の募集締切りが近づいている。
今回もフィクション、ドキュメンタリーの両面から募り出品料金のキャッシュバックが賞金となる
だから出品作品が多いほど賞金総額が増えていく

応募された作品はまず映画祭当日上映用に2時間分が実行委員、審査員長により選抜される
上映当日は審査員と観客の投票得点のトップがグランプリ
審査員得票が特別賞に輝き
賞金総額の約6割3割を獲得できるのだ
今回もゲスト審査員には横浜を撮り続ける写真家 森 日出雄 さん他
映像、作品に造詣深い面々により品評トークが展開される
作家がそれぞれの想いで作った映像作品をみなで大きなスクリーンで体験することにより
映画本来の楽しみかたでいい作品と出会い交流する映画祭の原点

1996年から今回で10回を数える小さな映画祭が参加作品を待っている。
12月4日 会場に持ち込みか送付ください。

120_50_2


http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/8453/


共催・会場:横浜市岩間市民プラザ
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/iwama/index.htm

| | Comments (101) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »