« December 2005 | Main | February 2006 »

2006.01.19

「横浜映像天国2006」上映作品決まる

2月12日に横浜市岩間市民プラザホールにて開催される横浜の市民映像祭「横浜映像天国2006」
今回も全国より31作品が集まりこのほどその中から上映される作品が発表された

実行委員会のコメント

御礼とお詫び
今回も全国のみなさまから多数の作品の応募をいただき本当にありがとうございました。
ホームページにて多くの皆様からのお叱りをいただきました
今後ともみなさまからのご意見を謙虚に受け止められるよう
連絡先はトップページまたは下記にメールアドレスを明記しましたのでよろしくお願いいたします
ご指摘内容を適切に受け止め検討反映できますよう努力いたします
ご指摘の通りお預かりした作品は
真撃に公平すべく試写された方々のご意見によりご覧の作品を上映します
掲示版に記載いたしました上映につきましては主催、出品者と検討し決定次第お知らせします
ご意見本当にありがとうございました。


上映作品
(上映順)
亜良野佑さん「Wonder」
原田幸一さん「天と海忌・詩人浅野晃をしのぶ」
小田学さん「塩鮭」
吉川信幸さん「父と飲む」
九鬼正範さん「小谷さん家のペコちゃん」
西野雄士さん「ポーラの恋人」

○試写スタッフのプロフィール
・映画・TVドラマ制作スタッフ
・技術映像プロダクションスタッフ
・PCプログラム関係
・営業会社員
・横浜市岩間市民プラザ 事業担当
いづれも映画に造詣のある映像関係者と公正性と映画祭開催の立場から
一般、共催関係により個々に試写を行っております
新たな映像を巨大なスクリーンで共有し体験する映画祭
みなさんの参加をお待ちしております

お問い合わせ先:nda_swallow@yahoo.co.jp

横浜映像天国
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/8453/

| | Comments (66) | TrackBack (0)

2006.01.03

生誕32周年。

横浜の地で映画研究を中心とした同好会からはじめて32年
会員制倶楽部から映像製作、企画、イベントなど
時代とともに「あつまる」活動を続けております
「横浜映像天国」は個に向かう映像体験を今一度みなさんとの共通体験への回帰として企画し10回を数えます
「横浜自由映画劇場」は定期的交流の場として
さらに今年はあらたな映像作品の製作をはじめます
時代の空気を次世代に伝えること
本年もよろしくお願いいたします。

日本電影歌劇団
SWALLOW NETWORK

| | Comments (136) | TrackBack (0)

2006.01.02

神奈川・横浜国際映像月間にむけて

2月から3月にかけて横浜で開催される市民映像祭「神奈川・横浜国際映像月間」
2月12日横浜市岩間市民プラザホール開催の「横浜映像天国2006」では俳優で映画監督の利重剛さんをゲストに迎え上映と作品品評トークが行われる、さらに最盛期には40館あった横浜の映画興行を生き抜いてきた福寿祁久雄氏による横浜映画興行の暴露トークによる「真相!横浜映画興行。シネコンに日本の映画産業の明日はあるか?」など10回を迎えるにふさわしい内容となっている、共催としては横浜の写真家 森 日出夫さんのハマのメリーさん写真展など横浜映像文化を多彩な切り口で展開する
3月開催の「神奈川・横浜国際短編映画祭」は近隣各所の映画祭の受賞作品を揃えた夢の競演となる

横浜映像天国
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/8453/

| | Comments (64) | TrackBack (0)

2006.01.01

謹賀新年

2006年、平成18年。
横浜発信の自由作家の情報の場として
本年もよろしくお願いいたします。

日本電影歌劇団
SWALLOW NETWORK
シネマダッシュチームヨコハマ

| | Comments (142) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »