« January 2008 | Main | March 2008 »

2008.02.11

「横浜映像天国2008」開催される

第12回を数える「横浜映像天国2008」にて出品された中から
以下の賞が決定した

グランプリ
(観客投票+審査員投票)
「Loved Letter」横山 善太

審査員賞
(審査員投票)
「カニと食卓」矢野 英樹

特別賞
(審査員による選出)
脚本の傑出により
「ロゼオ」大野 将志

| | Comments (128) | TrackBack (1)

野毛映画制作発表!大募集!

10日に開催された「横浜映像天国2008」にて主催のシネマダッシュチームヨコハマは地元横浜のげまちを舞台にした劇映画を製作すると発表した
横浜日劇、シネマジャック&ベティなどの味のある映画館を手がけは横浜映画興行界の雄、福寿祁久雄氏が「のげは奥が深いよ」と監修し主催のシネマダッシュチームヨコハマでこの1年かけて脚本(スジ)を練ってきた
この2月より出演者、スタッフの募集を開始している

いか八朗主演映画『俺にさわるな!』出演者募集!!

募集内容
横浜映像チーム「シネマダッシュチームヨコハマ」が福寿祁久雄氏の監修の元、横浜野毛を舞台にした「ハマ野毛・ナイト・テイル」シリーズの第一弾として製作予定の作品出演者を募集致します。
作品紹介
都会と都会の狭間にある昭和のにおいを残した風情のある町「横浜野毛」で繰り広げられる人情物語。主演はいか八朗さんです。
撮影予定期間
4月上旬頃、約10日間
募集役柄(歳は設定上の年齢となります)
ヒロイン(22)…スナック「ミーナ」の看板娘。バイオリンの勉強のため昼は動物園で
バイト、夜は母親の経営するスナックで働いている。
※バイオリンが弾けなくても構いません。
フリーライター(45)…東京から野毛に取材にきたフリーのライター。
スナック「ミーナ」のママ(49)…スナック「ミーナ」のママ。ヒロインの母。
酒屋の坊ちゃん(22)…大学3年生。ヒロインの幼馴染。ヒロインに片思い。
大学院(27)…「ミーナ」の常連。野毛のことを何でも知っていると思い込んでいる。
船長(57)…「ミーナ」の常連、横浜港ではしけの船長をしている。
獣医(27)…動物園の若い獣医。ヒロインが片思い中。
牧師(57)…野毛の事を知り尽くしている、飲んだくれでギャンブル狂の牧師。
スナック「道」のママ(55)…物語のキーとなる女性。
アコーディオン弾きの男(67)…※アコーディオンが弾けなくても構いません。
喫茶店のマスター(42)
野毛のおばちゃん…「ミーナ」の常連の一人
喫茶店の常連客(数名)
みなとみらいの関係者
演芸場の関係者
劇中劇映画撮影スタッフ(数名)
劇中劇映画出演者 男
劇中劇映画出演者 女
駅の売店のおばちゃん

応募資格 プロ・アマ・演技経験問いません。未成年者は親権者の承諾が必要です。
応募方法 必須項目記載の上、c_dash_yokohama@yahoo.co.jp宛にメールにてお送りください(シネマダッシュチームヨコハマ 後藤宛)

必須項目
氏名、性別、年齢、現住都道府県、身長、体重、靴サイズ、連絡先電話番号(携帯可)、電話連絡可能時間、出演歴(舞台・映画・TV問わず)、希望役柄、その他自己PR等(必須ではありません)
写真2枚以上(上半身、全身=3ヶ月以内に撮影したもの)を画像ファイル(基本的にjpgファイルでお願い致します)として添付してください。
※ご応募頂いた個人情報は今回の募集以外の目的では使用致しません。

選考方法 第一次審査=書類審査 第二次審査=面接・カメラテスト
面接場所 横浜市内(第一次審査通過者にお知らせします)
結果の通知 第一次審査=合格者のみ2008年3月2日までにメールかお電話にて
通知致します。 第二次審査=メールかお電話にて全員に通知致します。
応募締切 2008年2月24日到着分まで
待遇 誠に申し訳ございませんが、基本的にノーギャラでお願い致します。
食事(お弁当等)の支給はございます。

お問合せ、ご質問はc_dash_yokohama@yahoo.co.jpにお願い致します。(シネマダッシュチーム 後藤宛)


撮影スタッフも同時募集!
音声、録音、照明、衣装、メイク、美術にご協力頂けるスタッフの方も同時募集しております。氏名、年齢、現住都道府県、連絡先電話番号(携帯可)、電話連絡可能時間、関わった作品(必須ではありません)、使用経験のある機材(必須ではありません)を明記の上c_dash_yokohama@yahoo.co.jp(シネマダッシュチーム 後藤宛)にメールにてお送りください。後日、メールかお電話にてご連絡致します。

ジュリー役の出演犬募集!
本編中に重要な役割を果たすジュリー役として登場する犬を募集しています。
 ・ 日本犬(老犬が望ましいです)
・ 撮影中や音楽が鳴っている中、人込みでも吠えない
 ・ 飼い主以外の人と行動ができ、確実に指示に従える
以上の条件に該当する犬を飼われていて、撮影中犬の付き添いが可能な方は
氏名、現住都道府県、飼われている犬(種類、年齢等)、連絡先電話番号(携帯可)、電話連絡可能時間を明記の上c_dash_yokohama@yahoo.co.jp(シネマダッシュチーム 後藤宛)にメールにてお送りください。後日、メールかお電話にてご連絡致します。

上記のスタッフ、出演犬募集についてのお問合せ、ご質問は
c_dash_yokohama@yahoo.co.jp(シネマダッシュチーム 後藤宛)にお願い致します。

シネマダッシュチームヨコハマ 後藤

| | Comments (59) | TrackBack (0)

2008.02.09

「横浜映像天国2008」開催

横浜で唯一開催されている市民短編映像祭「横浜映像天国」が明日開催されます
今回も全国から出品され予備選考を通過した7作品を上映
映画の原点は大スクリーンで上映される映像劇をみなで鑑賞すること
それを審査員とお客さんによる投票でグランプリが決定されます
作家と観客一体の場、その空気感こそが映画の醍醐味です,
みなさんをお待ちしています。

今回は横浜のげまちを舞台とした新作映画の制作発表もあります
現在出演者、スタッフを募集!
会場ではそのPRと監督らとの懇談もできます

1996年から開催されている「横浜映像天国」は神奈川県の助成を受け
横浜市が後援する唯一のボランティアスタッフによるコンペティションです
主催するシネマダッシュチームヨコハマは
ヨコハマショートフィルムアーカイブ(仮称)の設立を目指し
優れた才能の発掘とその映像資産の管理運営を目指します
今回の優秀作品はその収蔵対象となり以降も他の映像作品と共に管理運営される予定です
開港150年を迎える横浜で「横浜映像天国」はかつての映画の封切りという言葉を生んだ地として
ショートフィルムによる才能の発見と発信により映像文化の都市交流機能を模索します


「横浜映像天国2008」
上映作品
「noと言えるノート」中嶋 正
「Cross day」山下 将臣・村澤 頼子
「カニと食卓」矢野 英樹
「Loved Letter」横山 善太
「サンドイッチマン」清水 麻美
「屋上の夢」藤橋 誠
「ロゼオ」大野 将志

審査員
服部 宏〔神奈川新聞社・文化部〕
森 日出夫〔写真家〕
福寿 祁久雄〔企画制作プロデューサー〕
いか八郎〔俳優〕
近藤 康成〔俳優〕
沢井 小次郎〔俳優〕
近藤 杉雄〔プロデューサー〕

総合司会
高土 新太郎
綿加まゆみ

2008年2月10日 12時開演
会場:横浜市岩間市民プラザホール
入場自由
℡045-337-0011

Cinema Dash
http://homepage2.nifty.com/NDAS_C-dash/

| | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »