« January 2010 | Main | March 2010 »

2010.02.16

「横浜映像天国2010」開催

2月14日、バレンタインデーとなった日曜日第14回「横浜映像天国2010」が開催された
今回の「横浜映像天国2010」では全国から応募された作品から8作を上映。
審査員には神奈川新聞より元文化部長の服部 宏さん、映画企画制作プロデューサーの福寿祁久雄さん、第31回を迎えたヨコハマ映画祭より代表の鈴村たけしさんをむかえ、ゲスト審査員にプロデューサー、俳優の沢井小次郎さん、俳優のいか八朗さん近藤康成さんが参加、総合司会の高土新太郎さん綿加まゆみさんにより監督の紹介、挨拶で上映が進められた。
今回の受賞作品は特別賞にボクサーの決戦を描く「RunningMan」、日常から追い詰められるドラマ「飛ぶ風景」が審査員賞、地元横浜のコーラスOBの記録「Yokohama34」がグランプリを受賞した
今回はコンペ作品の上映と並行して展示部門も開催
地元企業である日本ビクター株式会社より業務用新型ハイビジョンカメラとノンリニアワークフローの展示、デジタルシネマ技術制作、自社製作ブルーレイソフトを展示した株式会社UVN、在校生の映像CMを上映した横浜デザイン学院、架空戦国時代劇を制作した音沙汰など映画製作、技術などの交流の場となった

横浜映像天国2010アワード
グランプリ 「Yokohama34~オールドボーイたちの歌声~」待場勝利さん
審査員賞  「飛ぶ風景」池田暁さん
特別賞 新人監督賞 「RunningMan」 安田淳一さん

| | TrackBack (0)

2010.02.09

横浜映画シーンの発信を目指す映画祭へ!第14回「横浜映像天国2010」開催!

横浜映像チーム・シネマダッシュ・チームヨコハマは映画祭「横浜映像天国2010」を開催します
「横浜映像天国」は1996年より今回で14回を数え、有志によるボランティアスタッフにより運営され
「スクリーンで見ることによって、映像作品ははじめて映画になる」をテーマにこれまでにプライベート映像、記録映画からアニメーション、劇場映画など多彩な映画を紹介、
横浜フィルムコミッションによる横浜映画撮影事情や映画劇場支配人による横浜映画事情、松竹大船撮影所で開校されていた鎌倉映画塾の映画上映などのトピックを盛り込み
近年はインターネットによる公募で全国からの自主映画を上映、審査員と観客で同じスクリーンで見ることによってグランプリを競う「横浜映像天国アワード」を中心に開催してきた
ここでもドキュメンタリーに絞って特集したり、女性監督が2年連続グランプリ、北海道発の70歳のスタッフ、キャストで製作されたミュージカル映画の初公開などの話題を提供してきた
今回も公募作品の上映による観客投票に加え
招待作品として熟練映画通により結成された幻野映画事務所制作の劇映画「遺書」(初公開)全国有数の館数を誇っていた横浜の映画劇場跡を巡るドキュメンタリー映画「横浜映画座物語~消えた映画館地図帳~」(準備篇)を上映、いづれも横浜映画興行師・福寿祁久雄氏の製作総指揮による新作上映、
ホワイエでは映像学校の作品展示、映像作品のパッケージ、映像機器メーカーによる製作ワークフローのデモンストレーション
さらに開催後の交流会は観客参加可能により製作者、スタッフ、観客、サポートとの交流ができる、
これまで毎回の映画祭単位での交流から今後は定期上映、ワークショップ、アーカイブの開設により「横浜映像天国」を発信源とした横浜映画シーンの一翼を担うマーケットの創造を目指している

「横浜映像天国2010」2月14日(日)11時30分開場、12時開演 入場無料
http://www.geocities.jp/yokohamaeizoutengoku/
横浜市岩間市民プラザ ホール
横浜市保土ヶ谷区岩間町1-7-15
相鉄線(横浜から普通3つ目)天王町駅下車徒歩1分
  改札出て右手・旧東海道保土ヶ谷方面左手

TEL 045-337-0011 FAX 045-337-2500
http://www.yaf.or.jp/facilities/iwama/

| | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »