« December 2010 | Main | February 2011 »

2011.01.28

東京ビデオフェスティバルからTVFへ

ビデオカメラメーカーが市民へのビデオ普及促進のために開催していた東京ビデオフェスティバルから有志が結集して開催するNPO法人市民がつくるのTVF2011の発表・表彰式が 下記に通り、開催されます。

日時/会場  2011年1月29日(土) 9:30~17:30 (3号館10Fホール/31005教室) 
          *交流会  17:45~19:00 (FOODS FUU)

   9:00  開場 (受付3号館1Fエントランス→10Fホール/31005教室)

   9:30  開会
         「入賞作品上映会」 (優秀作品賞15本一挙上映)   
         (終了予定 13:20)

         <昼休憩> 40分

  14:00  「発表・表彰式」  ・主催者あいさつ
                    ・今回の傾向と特徴 ・審査・選考経過
                    ・新設(市民賞、筑紫哲也賞)の紹介
  14:10  「佳作」(15本)の表彰
  14:30  「優秀作品賞」(15本)の表彰
  15:30  「ビデオ大賞」(2本)の作品上映
  16:00  「ビデオ大賞」(2本)の表彰
  16:10  「市民賞」「筑紫哲也賞」の表彰

  16:20  「審査委員によるトークフォーラム」 
  17:30  閉会

  17:45  「交流会」 (FOODS FUU) 
         (交流会終了予定19:00)
 
  ※進行の関係により時間等が変更になる場合がございます。

市民がつくるTVF2011
http://www.sprasia.com/tv/user/tvf/TVF1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.01.23

横浜映像天国2011上映作品

横浜映像天国は今回で15回を数える映画祭、この10年は全国から作品を公募して予備審査を経て上映作品された作品を観客投票でグランプリを決定するアワードが映画祭の中心でありこのほどその上映作品が決定した

横浜映像天国2011 上映作品

「 Little/Boy 」 工藤 渉
野球少年とお姉さんの、ほんのり甘酸っぱい大人の味がする青春ドラマ。
「 ふたりだけの同窓会 」 下倉 功
親友同士の聡と隆久。聡の娘・ゆりの結婚式への出席を拒む隆久の心境とは・・・
「NEPAJ(ネパージュ)」 脊尾篤弥
アジアの島国でテロが起きた。巻き込まれたネパージュ人取材するために取材班が訪れる。
「 さいごのくちづけ 」 斉藤俊之
結婚を控えた男が再会した同級生にゆれ惑う。
「 バス停は、あのころのまま 」 牛越大輔
バス停で久しぶりの再開を果たす二人思い出の場所で再確認する。
「 SECRET PLAN 2010 」 安田淳一
父の死でバレエダンサーの夢を諦め働く優乃。ある日物語は意外な展開を見せ始める。
「 夏の移動図書館 」 竹葉リサ
夏のある日、海を見たことがない少年の前には暗いトンネルが立ちはだかる。
「 職務遂行 」 九鬼正範
息子を轢き殺して逃げた犯人を捜していた母親と刑事2人は、犯人の車を発見するが・・・


横浜映像天国2011
2月13日(日)12時30分開演
横浜市岩間市民プラザホール入場無料・180席
予告編
http://www.geocities.jp/yokohamaeizoutengoku/

| | TrackBack (0)

2011.01.22

ヨコハマ映画祭。ベストテン、個人賞決定

映画ファンの熱い祭り、ヨコハマ映画祭が今年も開催される
映画ファンという言葉は横浜が発祥とされている、輸入された映画がいち早く観られた街ならではの逸話だ
その横浜の映画館で育まれ横浜の映画の灯火を熱くささえる映画祭がヨコハマ映画祭なのだ
今年で32回を数える同映画祭のベストテン、個人賞が発表されその表彰式が2月6日(日)横浜関内ホールで開催される。
尚、映画祭委員長の鈴村たけしさんはその一週間後の2月13日に開催される公募作品の映画祭「横浜映像天国2011」の審査員も務め、開催後の懇親会にも出席されるので同映画祭に興味のあるかたは「横浜映像天国2011」にご来場をお勧めする

ヨコハマ映画祭
http://homepage3.nifty.com/yokohama-eigasai/

横浜映像天国
http://www.geocities.jp/yokohamaeizoutengoku/

| | TrackBack (0)

2011.01.03

お笑い演芸寄席インのげシャーレ

これまでお正月3日に横浜にぎわい座シャーレで開催されてきた「横浜映像天国座・キワモノ演芸会」が「お笑い演芸寄席インのげシャーレ」としてパワーアップして開催される。
今回はスタンディング落語にて真打の登場、おなじみテレビでは決してみられない演芸の数々、演歌ショーに加え横浜で公開されるお正月映画の劇場予告編を特別上映
総合司会は俳優の高土新太郎、そしていか八朗、いか先生の十八番「戦記漫談」の3D作品「みたまつり」もリクエスト上映される

1月3日15時開演
横浜にぎわい座シャーレ
入場料金 2000円
http://www.geocities.jp/swallow_owarai/

| | Comments (15) | TrackBack (0)

36周年。

シネマダッシュの始祖となるNDA-SWALLOWネットワークの活動がはじまって36年を迎えました。
お正月に映画館で映画を観た感激を語り合うことからはじまり、倶楽部活動、作品制作、映画祭と絶えず映画を担ぎ上げることが私たちの活動の根源でありました。
映画興行は日本発の文化ではありません、舶来映画の初めての映画上映のメッカとして横浜に存在した横浜オデヲン座ができて100年。そこから「封切り」「映画フアン」という言葉が生まれ、映画は担ぎ上げられてきました。
今年、私たちはその映画を発信するために新たな活動をはじめようと考えています。
映像は人の夢。 今こそ夢を担いでいただけるみなさんをお待ちしています。

シネマダッシュ・チームヨコハマ
NDA-SWALLOW NETWORK

代表 斉藤俊之

| | TrackBack (0)

2011.01.01

謹賀新年

新しい年を迎えました。
私たちは横浜から映像文化発信の息吹を
さらにお伝えしてゆきたいと考えます

横浜は文化発祥の礎を築いた歴史
文化人を育んだ風土があります
不透明な現代に今一度
それら再発見して
「映画」「横浜」の原点を探求してゆきます

みなさんの参加をお待ちしております
本年もよろしくお願い申し上げます

NDA-SWALLOW NETWORK
斉藤俊之

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »