« December 2013 | Main | February 2014 »

2014.01.18

ショートムービーカフェライブ!グランカフェヨコハマザがスタート

先日開催された映画とエンタテインメントの祭典「横浜映像天国」の定期試写会「グランカフェヨコハマザ」が1月26日から定期的に開催される。
これまでも同様のイベントが開催されており映画とカフェ、そしてトークをこじんまり楽しんでゆこうという趣旨
今年は企画したNDA-SWALLOW CinemaDashグループ40周年にちなんでこれまで制作された作品の随時リバイバル上映と横浜映像天国に出展されたアーティスト作品が中心にプログラムされてゆく。
タイトルの「グランカフェ」はリュミエール兄弟が仏パリではじめて映画を上映したとされるカフェの名前に由来している、映画がはじめてスクリーンで観客と鑑賞されて感銘を共有した精神を新たな創造の場、時間としてゆくもの。
Gcy01_140126_2
「グランカフェヨコハマザ」
1月26日(日)夕方6時から
横浜市なか区民活動センター研修室
入場自由

| | Comments (0) | TrackBack (62)

2014.01.04

第18回横浜映像天国2014開催

映像が映画になる映画祭、舞台で発信!をテーマに観客と発信する映画、エンタテインメントの祭典
第18回 横浜映像天国2014が1月3日 横浜にぎわい座シャーレで開催された
前回より映像、エンタテインメントの両部門を同日に開催!
審査員、観客投票によりグランプリ、芸能賞を決めた

グランプリは「こぶたのワルツ」(監督 岡田久幸)
今回は審査員からの賞として主演女優賞がサプライズされ
グランプリ作品の主演女優主演女優賞・桃子さんが受賞

エンタテインメントの横浜芸能賞には昨年も受賞した落語の
酢葉月亭ばじるさん
さらに横浜在住のマジックボイスのマイカル・フッシーさんが受賞しました

横浜映像天国
http://www.geocities.jp/yokohamaeizoutengoku/

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2014.01.03

The40th NDA-SWALLOW CinemaDash!

映画を観る、親子で観る、友と観る、ひとりで観る、みんなで観る、
よろこび、感動、それが生活につながってゆく
映画はつながってゆくことで広がりが加速してゆくのです
NDA-SWALLOW CinemaDash NETWORKは映画から発信するつながりを求めて40年
これからも創造をつづけてゆきます。

HeartfulNewCinema&EntertainmentProducers!
NihonDeneiAssociates
SwallowPromotion
CinemaDashTeamYokohama


平成26年1月3日

NDA-SWALLOW NETWORK
斉藤俊之

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.01.02

エンタメ映画祭「横浜映像天国2014」直前トークスペシャル!

映像が映画になる映画祭!ステージで集う映画祭!「横浜映像天国2014の今回の司会進行を務める歌手のTOMIKO☆さん他のゲストを交えた直前フリートークが配信されている
今回異例の抜擢となって自己紹介と上映作品がダイジェスト公開されている

http://www.ustream.tv/channel/横浜電影tv

| | Comments (13016) | TrackBack (2)

2014.01.01

映画祭「横浜映像天国 2014」でエンタメ発信

横浜映像チーム・シネマダッシュ・チームヨコハマ、スワロー映画倶楽部は映像が映画になる映画祭「横浜映像天国2014」を開催します。
映像が映画に!舞台で集う映画祭!第18回「横浜映像天国2014」で横浜から新しいエンタテイメント発信!
「横浜映像天国」は1996年より開催され今回で18回を数える映像演芸祭。公募により全国から出品された映像作品をスクリーンで上映し観客との一体感により「映像」が「映画」になる瞬間を体験しアワードを決めてゆくもの。これまで映像祭の前哨戦として開催していたステージ部門「横浜映像芸能賞(ヨコハマエンターテインメントアワード)」も同時開催します。
開催内容は総合芸術としての娯楽映画に向け、アーティストに発表の機会を提供し新たな芸能を観客と発掘し賞を設けてゆくもの。
公募は9月から実行委員が公募して映像、パフォーマンス、落語などが出展される。
今後は映像祭への関連、情報発信などを強化して映画連動のエンタテイメント祭への展開を図ってゆく。
エントリー作品は前回の映像、演芸ともに受賞者が出品しており連続受賞か?も注目される。
審査員は俳優でプロデューサーの沢井小次郎氏、俳優の大和守正氏など
 当日は大和氏の監督作が初公開される。

「横浜映像天国2014」
http://www.geocities.jp/yokohamaeizoutengoku/
1月3日(火)12時30分開演 ¥1.000-

会場 横浜にぎわい座シャーレ
〒231-0064横浜市中区野毛町3丁目110番1号
TEL: 045-231-2525 FAX: 045-231-4545
●Jr線・市営地下鉄線「桜木町」駅下車、徒歩3分、
「野毛ちかみち」南1番口より80m
●京浜急行線「日ノ出町」駅下車、徒歩7分
●横浜市営バス、江ノ電バス「野毛大通り」下車
http://www.yaf.or.jp/nigiwaiza/index.html


| | Comments (132) | TrackBack (0)

謹賀新年

新しい年がみなさまにとって健やかなる年になりますよう
私どもも多彩なエンタテインメントをお届けします。

| | Comments (162) | TrackBack (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »