« 平和憲法から70年の夏を考える映画上映 | Main | 映画『パープルレイン』横浜上映 »

2016.08.11

戦後憲法70年を考える記録映像詩『まほろまつる』上映

終戦70年の昨年に比べて映画、テレビともに先の戦争についての番組が少ない今年
政治、憲法、皇室など戦後から堅持された体制を再考する出来事が起きている
今年は現在の日本国憲法の公布から70年。
この国の戦後を見つめる記録映像詩『まほろまつる』が完成、上映される
戦没者を祀る靖国神社のお祭りで戦火に散った兄を語り続ける芸人と同時期に開催されている現代のお祭りを取材、比較する記録映像作品。
みたまとなった兄貴を語り継ぐのは映画「テルマエロマエ」シリーズで異彩を放った怪優いか八朗、
昨年までは日清食品「カレーメシ」CMにも出演されていたが今年は同作でいか八朗の過去から近影までが描かれている
上映は東京浅草で8月13日、同時上映はいか八朗出演のアドリブ喜劇『よこはまんだん/真夏の夜の夢』平和を考えるもう一作『アースカラーソング/プレゼンテーション』の3作上映
「gct_asakusa_10_160813.pdf」をダウンロード

『まほろまつる』は9月11日横浜でも上映される(9月4日から同会場にて変更)
「mahoro_matsuru.pdf」をダウンロード

情景映像詩『まほろまつる』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=r3BPYn1g39I

|

« 平和憲法から70年の夏を考える映画上映 | Main | 映画『パープルレイン』横浜上映 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11559/64039509

Listed below are links to weblogs that reference 戦後憲法70年を考える記録映像詩『まほろまつる』上映:

« 平和憲法から70年の夏を考える映画上映 | Main | 映画『パープルレイン』横浜上映 »